更新日:2018/12/12

ベビーベッドはレンタルが断然お得!予算やシーン別で選ぶベビーベッド4選

赤ちゃんがいるご家庭に欠かせない「ベビーベッド」。
1台3~5万円と、購入すると結構な出費ですよね。
その割には、赤ちゃんの成長速度によっては購入して数か月で使わなくなる場合もあり、
また、物が大きくて送料が高いため、使用後にメルカリ等で売ろうと思っても、なかなか大変です。

そこで、おすすめなのが節約術が「ベビーベッドのレンタル」です!
今回はベビーベッドが借りやすいサイトを幾つかご紹介しましょう。

安さ重視なら「べびーあいらんど」

「べびーあいらんど」は往復送料(送料・返送料)が無料なのが魅力です。その分、安くベビーベッドが借りられます。
例えば、[小型]ロータイプベッド プチエンジェル ベッド。


レンタル料は
・6ヶ月:9,200円(税込9,936円)
・延長:1ヶ月ごとに1,500円(税込1,620円)
1ヶ月で割ると約1,700円と、大変安いですね!

子どもはどんどん大きくなるので、最初は小型タイプのベビーベッドを借りておき、
その後は少し大きめのベビーベッドを借りるのがオススメです!

往復送料が無料なので、気軽に借り換えもできるのが嬉しいですね。

短く借りたいなら「ダーリング」

「実家に3日だけ帰省したい……でも、滅多に帰らないのに、
実家にベビーベッドを買うのはもったいないな」と思うことがありますよね。
そんな時は短期レンタルが便利です。
「ダーリング」なら最短2日から借りられるので、「ちょっとだけ」に対応できます。

例①ヤトミ ベビーベッド ワンタッチミニベッド ハピネス ナチュラル

例②カトージ ベビーミニ布団7点セット

この2つをレンタルした場合の料金は、
・ベビーベッド:2日で1,000円未満から
・ベビーベッド用の布団セット:2日で1,000円未満から
合わせても2日で2,000円かかりません。
送料は4,000円ほどかかりますが、ベビーベッドは買えば数万円しますので、節約になりますよね。

ちなみに93日間レンタルの場合、ベビーベッドは6,500円から、
布団セットも4,000円からありますので、約3ヶ月借りても10,000円程度です。
これなら、レンタル期間が長くなっても安心ですね!

品揃えで選びたいなら「ベビーファン」

「好きなタイプのベビーベッドが借りたいな」という人には、品揃えの良い「ベビーファン」がピッタリです。
「ベビーファン」は種類ごとに分類されているため、分かりやすいのも魅力。用途に合わせて選べます。

例①ツーオープン・スリーオープンミニベッド 寝台サイズ:90×60cm
・1ヶ月あたりのレンタル料金
 1ヶ月目、2ヶ月目・・・6,040円/月(3ヶ月目以降は2,160円/月)
・往復送料:全国一律3,470円
・特徴:おむつ替えのしやすい人気モデル

例②添い寝ミニベッド 寝台サイズ:90×60cm
・1ヶ月あたりのレンタル料金
 1ヶ月目、2ヶ月目・・・6,040円/月(3ヶ月目以降は2,160円/月)
・往復送料:全国一律3,470円
・特徴:高さが調整しやすい添い寝用ベッド。

その他にも、
・旅行や帰省の時に便利な持ち運びタイプのベビーベッド
・背が高いおかげで腰への負担が少ないハイタイプのミニサイズベビーベッド
などがあり、中には新品のベビーベッドが借りられるレンタルコースもあります。

ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。しかも、3ヶ月以上のレンタル予約をすれば、往復送料が15%から25%OFFになるキャンペーン中です。


衛生面が気になる人には「かしてネッと」

「レンタルしたいけど、衛生が気になる……」という人にはダスキンレントオールが運営している「かしてネッと」が良いでしょう。
どのベビー用品レンタル会社も、殺菌消毒はしています。

中でも「かしてネッと」は、お掃除のダスキングループが運営しているため、
ベビー用品を本格的な洗浄メンテナンスしているのが魅力です。

さらに除菌もできるオゾンの霧で悪臭を分析して脱臭。
オゾンは自然分解されるので、赤ちゃんにも無害です。
衛生面が気になる人も安心してレンタルできるでしょう。

例:[レギュラーサイズ] サークルベッド・ベーシック

レンタル料金は、6ヶ月で7,387円です。
往復送料はベビーベッドの大きさにもよりますが、4,000円から10,000円程度。
ダスキンレントオールの店舗は全国にあるため、店舗で直接受け取り・返却をすれば送料がかかりません。

しかも、どのベビーベッドも長く借りるほどにレンタル料が安くなるので、
長く使いたい方は必見です!

まとめ

~おすすめベビーベッドレンタルまとめ~
・安さ重視なら「べびーあいらんど」
・短く借りたいなら「ダーリング」
・品揃えで選びたいなら「ベビーファン」
・衛生面が気になる人には「かしてネッと」

ベビーベッドのレンタルができるサイトは沢山あります。
購入しても、利用後の再利用がしにくい物ですから、レンタルですませると経済的です。

育児は見た目以上に大変なもの。
やっぱりベビーベッドがあったほうが安全ですし、育児も楽チンです。
子育ての節約ワザとして、是非ベビーベッドのレンタルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

宮乃かぽり 

フリーライター兼イラストレーター。節約や財テクなどに興味があり、色々試してみています。
趣味は音楽、ヒーリング、占い、フラワーアレンジなど多彩。チャレンジ精神旺盛です!


Tickets 関連チケット


LINEでお知らせ!

ラキコレのLINE@をともだち登録頂くと興味があるカテゴリの記事更新があると通知が届くようになります。その他にも得な情報配信や便利機能がを続々追加予定です(^^)是非ご登録ください!

質問する