更新日:2019/01/29

水道代が圧倒的に安くなる!?あなどれない節水グッズをご紹介!

水道代は何としても抑えたいですよね。水道代を抑えるためには、なるべく水を使わないこと……すなわち「節水」が肝心です。

今回は節水ができる節水グッズをご紹介します。どのグッズも意外に効果が高いのでおすすめです。

小さなことからコツコツとやってみると、最終的には水道代が数千円、数万円と違ってくるでしょう。

キッチン

1、洗い桶

茶碗やお皿を洗う時、一旦洗い桶にお皿などを漬けておいた方が汚れは落ちやすく、水を使いません。

「汚れたお皿を漬けて置くのは抵抗がある」という人は、洗剤で洗った後に、水を張った洗い桶に入れます。そうすると洗剤を流す水が少なくてすむため、節水になるでしょう。

洗い桶の代わりにボールでも構いません。最近は折りたたみタイプの洗い桶もあるので、場所も取りませんよ。

2、キッチンシャワー

キッチンシャワーは蛇口から出る水をシャワーにするグッズです。

蛇口にキッチンシャワーを取り付けると、お皿の広範囲に水が当たるため、少ない水で洗えるようになります。

キッチンシャワーを取り付けた後、いつも通り蛇口をひねると、飛び散ることがあるのでご注意ください。

ストレートとシャワーが選べるタイプも多いですし、浄水もできるタイプもありますので、一石二鳥ですね。

3、汚れが落ちるスポンジ

お皿に残ったソースなどは、雑紙などで拭いておくのが基本です。さらに、汚れが落ちやすいスポンジを使うと、流す水が少なくてすみます。

アクリル毛糸は洗剤がなくてもかなり汚れが落ちるので、洗剤の節約にもなるでしょう。

お風呂

風呂水浄水剤

風呂水を入れ替える度に、かなり水を使います。

「お風呂の水替え回数を減らせば節約できるのは分かってるけど……不衛生よね」と思う人が多いでしょう。

残り湯は「風呂水ワンダー」などの浄水剤を使って水の美しさをキープすれば、気持ちよく何度も利用できます。

水位計

お風呂のお湯を溢れさせたことがある人は多いでしょう。

自動お湯張り装置を設置すれば良いのですが、少々高いですので、お湯が入ったらブザーで教えてくれる「水位計」がおすすめです。

丁度良い水位になるとブザーがなるので便利です。

汲み上げポンプ

お風呂の残り湯を洗濯などに利用するのも節約です。残り湯を汲み上げるポンプとホースのセットが販売されています。

洗濯は何度も水洗いしますので、最初の1回は残り湯でも何の問題もありません。ポンプは電気で動きますが、ポンプ部分だけの交換も可能なので経済的ですよ。

トイレ

トイレは意外に水を使います。トイレでの節水は、用を足した後の水を減らすのがポイントとなります。

流水音発生器

思春期の女の子などは、家でも水を流しながら使う場合が多いようです。
家庭用の流水音発生器が安いですので、取り付けておくとお客様にも喜ばれるでしょう。

節水リング

節水リングはトイレの貯水タンク内に沈めて使う節約グッズ。水圧などの関係で、流す水の量が多すぎる家におすすめです。
(節水トイレなど、水量が少ないトイレでの使用は詰まりの原因になります。ご注意下さい。)

本体が安く、ホームセンターなどで売っているので買いやすいのも魅力。取り付け方法も簡単です。

節水型トイレ

古い形のお風呂やトイレは水を多く使います。思い切って節水型トイレに替えるのも、長い目で見ると節約に繋がるのでおすすめです。

まとめ

~キッチン節水グッズ~

・洗い桶
・キッチンシャワー
・汚れが落ちるスポンジ

~風呂節水グッズ~

・風呂水浄水剤
・水位計
・汲み上げポンプ

~トイレ節水グッズ~

・流水音発生器
・節水リング
・節水型トイレ

「これなら簡単そう」「金額的にもこのグッズなら導入できそう」と思う節約ワザからどんどんやってみてくださいね。

節水は水を大切にするエコ活動でもあります。節水に取り組むことは、地球にも優しいことですので、積極的に行う価値があるでしょう。

この記事のライター

宮乃かぽり 

フリーライター兼イラストレーター。節約や財テクなどに興味があり、色々試してみています。
趣味は音楽、ヒーリング、占い、フラワーアレンジなど多彩。チャレンジ精神旺盛です!


Tickets 関連チケット


LINEでお知らせ!

ラキコレのLINE@をともだち登録頂くと興味があるカテゴリの記事更新があると通知が届くようになります。その他にも得な情報配信や便利機能がを続々追加予定です(^^)是非ご登録ください!

質問する