更新日:2019/01/21

大掃除の準備は、100円均一で揃える!実際に使えるお掃除アイテムと使い方

年末の大掃除はもちろん、季節の変わり目は何かと出費が多い季節。
そんな時期に、掃除道具にお金をかけるのはもったいないですが、お掃除したくなるタイミングも季節の変わり目ですよね。
そんな時に大活躍するのが、100円ショップです。
掃除道具は勿論、重曹やお酢などの日用品を代用したりすれば、掃除道具代が節約できるんです。

今回は、おすすめのプチプラ掃除道具、重曹の使い方などをご紹介します!

100円で買える掃除道具

1、どこでも使える【マイクロファイバー手袋】

その名の通り、マイクロファイバーの手袋です。極細の繊維で細かな汚れをすくい取るため、小さなゴミもきれいに取り除けます。

水が使いにくい家電製品や、家具の溝といった細かい部分のほこりは、マイクロファイバー手袋をつけて指でなぞれば、簡単に取れます。

ブラインドの掃除にもピッタリですし、排水口のぬめりにも効果的。排水口は「直接は触りたくない!」と思う部分ですよね。

歯ブラシでは洗いにくい場所ですので、マイクロファイバー手袋をつけて、指でなぞってぬめりを取ってしまうと良いでしょう。

2、高いも狭いもクリア【マイクロファイバーモップ】

マイクロファイバーはモップも出ています。長さがあり、曲がるタイプがおすすめです。

高い所はもちろん、冷蔵庫のすき間などの手が入りにくい場所でも楽々ですよ。

マイクロファイバーの良いところは、洗濯すれば何度でも利用できること。洗濯機で洗えますよ!

3、面倒な窓サッシに【ペットボトルブラシ】

ペットボトルブラシは、ブラシがキャップになっており、ペットボトルに取り付けて使う商品です。

ペットボトルに水を入れてブラシを装着すれば、水を出しながら掃除ができます。窓の溝はホースで水を流すのが難しいので、大変重宝しますよ!

最近は開閉バブル付きのペットボトルブラシも出ました。水を出したり止めたりが簡単なのでおすすめです。

4、高い研磨力【ダイヤモンド鏡・ガラス用うろこ取り】

お風呂のガラスに付いた白い汚れは、汚れが鱗(うろこ)のようになっているため、なかなか落ちません。

そんな時におすすめなのが「ダイヤモンド 鏡・ガラス用うろこ取り」。その名の通り、表面に人口ダイヤモンドが散りばめられたスポンジです。

水につけて拭くだけで、鏡などの汚れがきれいに研磨できますよ。

重層で、隅々までピカピカに!

重曹は使っている方も多いでしょう。食品用重曹は高いので、掃除用重曹を使えばお得に掃除ができます。

スプレータイプの容器に水を入れて重曹を溶かし、「重曹水スプレー」を作っておきます。分量は水100mlに対し、重曹小さじ1杯が基本です。汚れに応じて濃度を変えます。


●コンロ周りの汚れ取り
・換気扇
・魚焼きグリル掃除
・コンロ

「重曹水スプレー」をたっぷり吹きかけて、数十分置いてからスポンジでこすると汚れが落ちますよ。

汚れが頑固な場合は、キッチンペーパーなどに濃度を濃くした重曹水を染み込ませて数十分貼っておき、それから落とします。

●ステンレス製品のくもり取り

ステンレス製のスプーンやフォークといったカラトリー、シンクなどは段々くもってきますよね。

水3リットルに大さじ1の割合で重曹を溶かし、「つけ置き用重曹水」を作ります。

鍋に「つけ置き用重曹水」とステンレス製のカトラリーを入れ、煮沸するとピカピカになりますよ。

シンクは「重曹水」に浸したタオルなどを貼っておき、それから掃除をすると汚れが取りやすいです。

●プラスチック製品のべたつき取り
プラスチック製のタッパーなどのべたつきは落ちにくいですよね。

そんな時は「つけ置き用重曹水」につけ置きして、数十分放置します。そして、スポンジでこすればツルツルになりますよ。

セスキ炭酸ソーダやお酢も活用!

「セスキ炭酸ソーダ」は重曹とほぼ同じ役割を果たします。作り方も重曹と同じです。

セスキ炭酸ソーダは重曹より安全性が高いと言われています。赤ちゃんがいる家庭でも安心して使えるでしょう。

掃除用なら、セスキ炭酸ソーダも重曹も100円均一で買えますので、気軽に使えますね!

ただ、重曹もセスキ炭酸ソーダも使うと粉が残ります 。コンロなどに使った後は、きれいに水拭きをすると良いでしょう。

しかし、どちらも天然素材なので安心して使えますよ。


お酢も重曹のように使えます。しかも、お酢は殺菌作用があるので除菌効果も期待できるのが魅力です。

使い方は重曹と同じです。スプレーボトルに水200mlを入れ、お酢を100cc混ぜて「お酢水スプレー」を作り、コンロなどに吹き付けます。

たっぷりと使い、そして時間をしっかりと置いてから掃除するのがポイントです。

まとめ

100円均一のグッズは優秀な物が多いです。100円グッズの活用は、必要最小限の出費でお部屋をピカピカにする、素晴らしい節約ワザと言えるでしょう。

大掃除は大変ですが、きれいな部屋で新年を迎えると、清々しい気持ちになりますよね。

今年は100円グッズや家庭用品を使って、「節約掃除」をしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

宮乃かぽり 

フリーライター兼イラストレーター。節約や財テクなどに興味があり、色々試してみています。
趣味は音楽、ヒーリング、占い、フラワーアレンジなど多彩。チャレンジ精神旺盛です!


Tickets 関連チケット


LINEでお知らせ!

ラキコレのLINE@をともだち登録頂くと興味があるカテゴリの記事更新があると通知が届くようになります。その他にも得な情報配信や便利機能がを続々追加予定です(^^)是非ご登録ください!

質問する