更新日:2019/02/12

医療費控除とは?セルフメディケーション税制も知って上手に節税!

家族や自分がケガをしたり、病気をしたりして、なぜか医療費がかさむ年がありますよね。
「医療費控除の申請をしたら少し医療費が返ってくるかな?」と期待するのは当然でしょう。
節約のためにも、薬代や病院代は1円でも削りたいもの。今回は医療費控除についてご説明します。

そもそも医療費控除とは?

医療費控除とは支払った医療費に合わせて、納税している人の税金を再計算するのが医療費控除です。
サラリーマンなどの給与収入を得ている方が医療費控除を受けると、給与から天引きされている所得税が一部戻ってきます。
個人事業主の方は確定申告の際に医療費控除をすれば、節税ができるでしょう。

医療費控除の特徴

・1月1日から12月31日まで支払った医療費が対象
家族全員の医療費をまとめて申請できます。


・離れて暮らしていても適応される
単身赴任中のご主人や、一人暮らしのお子さんなどがケガや病気をしても、控除対象となります。


・申告するのはご主人でも奥様でも
医療費控除は家族で一番収入が高い人が、家族全員分をまとめて申告した方がお得。税負担を一番効率的に減らせます。

ご主人よりも奥様の方が稼いでいる場合は、奥様が医療費控除をした方が良いでしょう。

医療費控除額の計算式

・総所得が200万円を超える家庭
支払った医療費 - 保険金など - 10万円 = 医療費控除額

・総所得が200万円以下
支払った医療費 - 保険金など - 総所得の5% = 医療費控除額

ここでの「保険金など」というのは
・生命保険の入院給付金
・健康保険から支払われる高額療養費
・出産育児一時金……など
これらを実際に支払った医療費から差し引きます。

「医療費から生命保険などを引いても10万円を超えている場合は、医療費控除が適応される」というイメージです。

医療費控除の対象となる場合

・薬局で買った風邪薬
・タクシーでの通院代
・6か月以上寝たきりで、治療を受けている場合のおむつ代……など

タクシーでの通院代は対象となります。領収書をもらっておきましょう。ただし、自家用車は対象となりませんので、ガソリン代や駐車場料金などは控除申請できません。


国税庁の『医療費控除の対象となる医療費』のページに、対象となる項目が詳しく載っています。

「これ、どうだろう?控除対象かな?」という場合は、国税庁の『税についての相談窓口』に相談すると良いでしょう。お住まいの県を選び、自分が暮らす地域の担当電話窓口を選びます。専門のスタッフに直接聞けるので分かりやすいです。

また、ご自身が医療費控除申請をしたいと思う項目をまとめておくと質問もしやすいかと思います。

医療費控除の対象にならないもの

・美容整形
・脱毛
・ビタミン剤
・漢方薬(例外あり)
・健康診断……など

漢方薬は基本的に医療費控除の対象とはなりません。しかし、漢方の風邪薬などは新薬代わりに出している医師も多く、医療費として計算されます。

また、ビタミン剤などは控除対象ではありません。美容整形や脱毛、カイロ整体なども控除の対象にはなりませんので注意が必要です。

セルフメディケーション税制と医療費控除は違うの?

2017年から新しく「セルフメディケーション税制」が始まりました。セルフメディケーション税制とは、医療費控除の特例です。

『スイッチOTC医薬品』と呼ばれる、要指導医薬品・一般用医薬品の中でも医療用から転用された医薬品を購入した場合のみ適用されます。購入した金額だけ所得控除が受けられる制度です。

ただし、セルフメディケーション税制と医療費控除は同時に使えませんので、医療費が合計で10万円を超えるような場合は、医療費控除の申請をしないともったいないです。

厚生労働省の『セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について』のページに『対象品目一覧』が載っています。

「我が家はみんな元気で、病院には行かないし、薬局で痛み止めと目薬ぐらいしか買わない」という方は、対象品目となっている薬を買えば、セルフメディケーション税制が使えます。

残念ながら、対象品目になっていない薬ではセルフメディケーション税制は使えません。対象品目に選ばれている薬をメモしておいて、必ずそれを買うようにすると良いでしょう。

医療費控除の申請方法

2016年までは病院ごとの領収書を提出する形でしたが、2017年から医療費の領収書ではなく、「医療費控除の明細書」を提出することになりました。

医療費控除の明細書は下記の国税庁ホームページからダウンロードできます。

PDF形式とエクセル形式が選べますので、お好きな方を印刷し、記入して提出します。

記入方法が分からない場合は、上記の「国税庁の相談窓口」に聞けば教えてもらえますよ。一度記入すれば、来年からは同じですので頑張ってみる価値はあると思います。

まとめ

節約のためにも、節税もしたいですよね。医療費控除の明細書を作成するためには

・病院の領収書
・対象となる市販薬を買った時のレシート
・タクシーでの通院時の領収書

……などが必要です。捨てずにまとめておきましょう。医療費控除の申請は、想像よりは簡単だと思います。是非やってみてくださいね!

この記事のライター

宮乃かぽり 

フリーライター兼イラストレーター。節約や財テクなどに興味があり、色々試してみています。
趣味は音楽、ヒーリング、占い、フラワーアレンジなど多彩。チャレンジ精神旺盛です!


Tickets 関連チケット


LINEでお知らせ!

ラキコレのLINE@をともだち登録頂くと興味があるカテゴリの記事更新があると通知が届くようになります。その他にも得な情報配信や便利機能がを続々追加予定です(^^)是非ご登録ください!

質問する