更新日:2018/11/15

乗車券別!新幹線のチケット変更ルールまとめ。手数料や変更可能期間は?

新幹線のチケット、一度購入してしまったら変更はできないと思い込んでいませんか? 
実は乗車券によっては変更可能な場合も多いんです。

今回は、乗車券別に新幹線チケット変更のルールをまとめてご紹介していきます。
普段新幹線を利用することが多い、という方はぜひチェックしてみてください。

新幹線チケット変更のルール1 正規料金で指定席を購入した場合

「正規の料金で新幹線のチケットを購入したけれど、日付や時間、区間を変更したい。」という場合、
1回だけなら手数料はかからず無料で変更することができます。
差額があった場合、追加で料金を支払います。
変更前の料金の方が高かった場合には、払い戻しを受けることもできますので、変更したいと思ったら気軽に変更できます。

変更希望先の列車の指定席が満席だった場合には、自由席に変更することも可能です。
指定している列車の発車前であればいつでも変更可能ですが、一度変更してしまうと、
二回目以降の変更には料金が発生するので注意が必要です。

新幹線チケット変更のルール2 正規料金で自由席を購入した場合

正規料金で新幹線の自由席を予約していた場合、席は自由ですから、
有効期限内であればどの列車に乗ってもよいため、基本変更の必要は生じません。
「日付や区間を変えたい」という場合には、指定席と同様に無料で一回だけ変更することが可能です。

新幹線チケット変更のルール3 新幹線の回数券を購入した場合

新幹線の回数券は割引されているため「変更は難しいのではないか」と考えている人も多いようです。
ですが、実際には、指定列車の出発前であれば、何回でも変更することが可能なのです。
新幹線の回数券を購入しいるお客様は「常連客」や「上客」とも考えられるため、サービスが充実しているのでしょう。

新幹線チケット変更のルール4 スーパー早特きっぷ

インターネット予約限定で、14日前に購入しておくことで、お得に新幹線のチケットが購入できる
「スーパー早特きっぷ」というサービスがあります。かなりお得に新幹線チケットが購入できるのですが、
その代わり、一度購入してしまったら一切変更は受け付けてもらえません。
万が一予約した列車に乗り遅れてしまった場合、運賃のみ有効になるため、特急券だけ買い直せば利用することは可能です。

新幹線チケット変更のルール5 えきねっとトクだ値

「えきねっとトクだ値」は、えきねっと会員限定で利用できる、インターネット予約限定のきっぷです。
13日前に予約すると、「お先にトクだ値」という割引率の高いチケットを購入することも可能です。
「えきねっとトクだ値」および「お先にトクだ値」の変更は、きっぷを受け取る前であれば何度でも可能です。
ただし、一度きっぷを受け取ってしまったら、その後の一切の変更は受け付けてもらえません。

新幹線チケット変更のルール6 エクスプレス予約

「エクスプレス予約」は、東海道・山陽新幹線の指定席をお得に利用できるネット予約サービスです。
「エクスプレス予約」を利用して新幹線のチケットを購入した場合、変更は指定列車の出発前であれば何度でも可能です。
ただし、指定列車が出発した後の変更は受け付けられません。

新幹線チケット変更のルール7 のぞみ早特往復きっぷ

「のぞみ早特往復きっぷ」は、山陰地区から東京・横浜へ、
在来線特急と新幹線の普通車指定席が利用できる往復のきっぷです。
発売席数には限りがあり、21日前~7日前までに割安できっぷが購入できます。

「のぞみ早特往復きっぷ」で購入した新幹線のチケットは、基本的に一切の変更は受け付けていません。
ただし、帰りに限っては、予約の列車に乗り遅れてしまった場合の救済措置として、
当時値の後続の自由席への乗車許可が与えられています。

新幹線チケットのキャンセル料はいくら?

ここまで、一度購入したチケットを変更する場合のルールについて確認してきました。
次に、チケットをキャンセルする場合の料金についても確認しておきましょう。

きっぷの使用開始前で、有効期間内であれば、通常払い戻しを行うことができます。
払い戻しをする場合には、手数料が必要です。

■自由席の場合は「乗車券分220円+特急券分220円」で440円の手数料が必要です。

■出発2日前までの指定席の場合、手数料は「乗車券分220円+特急券分330円」で550円です。

■指定席のチケットを購入しており、出発前日か当日に払い戻しをする場合には、
「乗車券220円分の手数料+特急料金の30%」を支払う必要があります。

指定席をキャンセルする際は、遅くとも2日前までに行っておくのがよいと言えるでしょう。

購入前に変更のルールを確認しよう!

今回ご紹介したように、乗車券によって変更するためのルールは少しずつ異なります。
新幹線のチケットを購入する際には、変更するかもしれないことを念頭に置いて、
「変更にはどういった手続きが必要か?」と、手数料や変更可能回数なども確認しておくと安心でしょう。

この記事のライター

春奈

主婦ライターです。美容、娯楽、旅行費用など
「賢くちゃっかり節約!」するために、日々情報を集めています!


Tickets 関連チケット


LINEでお知らせ!

ラキコレのLINE@をともだち登録頂くと興味があるカテゴリの記事更新があると通知が届くようになります。その他にも得な情報配信や便利機能がを続々追加予定です(^^)是非ご登録ください!

質問する